結婚指輪の費用

結婚指輪の費用についてご紹介します

結婚指輪の悩み

結婚指輪を決める際に男女で意見が合わずにもめてしまうことはよくあることです。女性は憧れのブランドやデザインがあってこだわりたいものですし、男性もずっと身につけるものであるために思いの外デザインを気にすることがあります。
そのため、男女ともにデザイン、材質、値段で満足できるものを見つけるというのは意外と大変なことですし、ないことも多いのです。

そこで、最近では完璧にペアにこだわらないカップルも増えています。同じブランドの同じ材質のものでデザインはそれぞれ好みのものを選んだり、同じデザインの材質違いであったり、カップルによってはお互いが最も気に入ったものをということで、ブランド、デザイン、材質全てが異なるものを選ぶこともあります。

また、最近ではフルオーダーやセミオーダーでお互いの結婚指輪を作るという人もいます。こうすれば、二人でデザインすることで二人共が気に入ったものにすることもできますし、もしも全く別々のデザインとなっても一緒のところで作ったということで統一感を出すこともできます。そして、オーダーしたということでオリジナリティも出すことができ世界で一組の指輪を作ることができます。オーダーと聞くとすごく高く思われがちですが、相場の範囲内で作ることができるものも多いです。

結婚指輪の相場

婚約指輪は給料3か月分などと言われますが、結婚指輪はそれよりもリーズナブルに考えられがちです。しかし、結婚指輪は基本的に毎日身につけるものであるため、長期的に身につけることのできるように耐久性の高い素材のものがえらばれる傾向にあります。そのため、決して安い買い物ではないことが多いです。

結婚指輪の相場として、それぞれ10万円台で二人合わせても30万円以内に収めるカップルが最も多いです。ただ、中には高価な指輪を購入する人もいるために平均価格としては一人当たり21万円とされています。
また、男女で指輪の価格が同じ金額ということは実は少ないです。男性はシンプルなものを購入するのに対して女性は装飾がされていたり、石が埋め込まれていたりすることがあるために女性の方が高価なことがあります。また、男性によっては指が大きく指輪に用いる金属が高価であるために男性の方が高価なこともあります。

男女での価格差、また人によって予算が異なるために、結婚指輪の価格は人によって異なります。もちろん、相場がこのくらいだからと言って相場に合わせる必要はないですが、指輪を決めるときにどのようなものを選べばよいかわからなくなったときには相場のものを選ぶようにしたり、意見が合わないときには相場を参考にして話し合いの折り合いをつけるということも一つの手段です。

結婚指輪を用意する

結婚指輪を購入することは、基本的には人生で一度のことです。一昔前は地味婚や結婚にお金をかけない風潮があったために、結婚指輪を用意しないというカップルもいました。
しかし、最近は昔からのならわしには従おう、そういったものは大切にしようという風潮があるために、きちんと婚約指輪を購入したりプロポーズをきちんとしたりすることを検討するカップルが多くいます。

しかし、結婚前というのはとても忙しく、やるべきことも多くありなかなか時間を作ることが難しいものです。結婚式の準備と並行して新婚旅行の準備、新生活に向けての新居の準備もありますし、人によっては仕事を辞めたり職種が変わったりするための引き継ぎがあったりもします。
このような忙しい中で慌ただしくいろいろなことを決めていくことになると、話し合いの中で意見があわず喧嘩になってしまうこともあるものです。その中でも、指輪については男女で考えが異なる場合も多いですし、特に女性は思い入れが強くこだわりがある場合もあるので決めるのに苦戦をすることもあるものです。

決める際に揉める内容も様々で、二人の好みのデザインが異なったり、使いたい金属の種類が違ったり、アレルギーがあったり、といったことで二人が納得するものが見つからないことがあるのです。そこで、ここでは結婚指輪を決める際に二人の意見が合わなくなりがちな費用の問題について、指輪の費用の相場とうまく気にいるデザインがない場合の対応方法について紹介をしていきます。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén