婚約指輪は給料3か月分などと言われますが、結婚指輪はそれよりもリーズナブルに考えられがちです。しかし、結婚指輪は基本的に毎日身につけるものであるため、長期的に身につけることのできるように耐久性の高い素材のものがえらばれる傾向にあります。そのため、決して安い買い物ではないことが多いです。

結婚指輪の相場として、それぞれ10万円台で二人合わせても30万円以内に収めるカップルが最も多いです。ただ、中には高価な指輪を購入する人もいるために平均価格としては一人当たり21万円とされています。
また、男女で指輪の価格が同じ金額ということは実は少ないです。男性はシンプルなものを購入するのに対して女性は装飾がされていたり、石が埋め込まれていたりすることがあるために女性の方が高価なことがあります。また、男性によっては指が大きく指輪に用いる金属が高価であるために男性の方が高価なこともあります。

男女での価格差、また人によって予算が異なるために、結婚指輪の価格は人によって異なります。もちろん、相場がこのくらいだからと言って相場に合わせる必要はないですが、指輪を決めるときにどのようなものを選べばよいかわからなくなったときには相場のものを選ぶようにしたり、意見が合わないときには相場を参考にして話し合いの折り合いをつけるということも一つの手段です。